Food Reading® diary

食べものの 不思議な力のお話です

レッスントーク 周囲との交流

こんばんは^^

フードリーディングマスターの響です。

今日は 周囲との交流 についての
お話です。

フードリーディングから観る食べものは
衣食住、空気、光、気、想い
ありとあらゆる現れを指します。

周囲との交流を 身の回りで
とくに現しているものといえば

窓です。


どんな窓のある お部屋で住んでいるかで
現在の状況がわかります。

壁の面積と窓の割合は
そのまま、周囲との交流範囲と
関係があります。

交流の度合いは
カーテンの開け閉めに
現れます。

タッセルでとめるかどうかは
交流関係の維持のしかたとつながります。

春は 新しい交流を始めるのに
適した時期です。

カーテンを洗う
お気に入りの模様、布質のものに変える
射し込む光で開け、暗くなったら閉める

は 基本的な交流能力を
高めます。

恋人と関係するならば
時々
夜カーテンを開けて月明かりで過ごします。

周囲にうるさいひとを感じるときは、
レースカーテンを上質なものにします。

関係で悩んでいるときは
頻繁に洗い、窓の光の移り変わりを
よく眺めます。

人工的な光(時代のアレコレエネルギー)が夜 
射し込むところは遮光カーテンを用意します。

望む交流をつくりたいなら 7割の面積の
オーダーメイドでカーテンをつくります。

ブラインドのお部屋の場合
交流は すこし社会的になるでしょう。


窓のない お部屋にいる場合
人生を変えるチャンスです。