Food Reading® diary

食べものの 不思議な力のお話です

ひとやすみトーク 3段階枕ことば

こんばんは^^

フードリーディングマスターの響です。

今日は ひとやすみトーク  です。

フードリーディングでは
食べ物
(口に入れるものだけでなく、環境や言葉、
文字、人との交流も食べ物ととらえます)
を 通じて 
物事の理(ことわり)を
生きる力として 活用していますが

簡単に
食べ物の力を使い始められる
3段枕ことば を お伝えします。

それは

うっかり
当然、
すっかり、

です。


例① 
スーパーで

うっかり 間違えて
いつもより 高い お醤油を買った。

当然 美味しかった。

すっかり 高いお醤油が
お気に入りになった。

例②
うっかりしていて
いつもと 違う小道に入った

雰囲気の良い 
小規模な飲食店があったので入った。
新鮮な食材で手作りしていて
当然 美味しかった。

すっかり 小道は立ち寄る店のある道なりになった。

例③
うっかり 忘れていて
お米と塩しか
家になかった。

お腹がとても すいていたので
炊いてみた。
炊きたてを 塩むすびに
して食べたら 当然 美味しかった。

すっかり 炊きたてのごはん に
はまった。


不調や病気、転機など、せっぱつまった
状態で 食の力を 初めて使おうとすると
視野がせまくなり、すぐの効果を求めすぎるため
しんどくなりがちです。

事件の前には
予兆が必ずあります。

なんども 同じことが起きる
不可解な出来事が重なる
気持ちが苦しくなる

時に 自分の近くで出来る食の変化を
取り入れると 事件解決のヒントが
見つかります。

人間は
うっかり→当然→すっかり という風に
知らないで無意識に
行動したように
感じる出来事は
意識思考がはいっていないぶん、
変化に素直になれ、順応しやすくなります。

うっかりが 取り返しのつかない
失敗につながる
パターンは

極度の疲れ→うっかり→です。

極度の疲れは 休めていない非凡な日々に
たまります。

自分自身での 食べ物の力アップデートは
余裕→うっかり→の流れが必要です。

うっかりできる時間、当然の隙、すっかり暇、
平凡な日々の変化の食べ物にこそ

本質はあります。 

うっかりしての変化が
当然の摂理で
すっかり なじむ

人生のうっかりも そうであるように、
食べ物で流れをつくる、

響が クライアントとの
フードリーディング合間に 
行っている

ひとやすみ方法です。
(やすんでいる間に人生が自動的に調う)

ミーハー→うっかり も
よく使います。