Food Reading® diary

食べものの 不思議な力のお話です

レッスントーク 後悔

こんばんは^^

フードリーディングマスターの響です。

今日は 後悔 についてです。

…しておけばよかった
…ああ、どうして あんなことを…

という 出来事は

人間らしい 可愛らしい部分です。

後悔していることは

時を経て また違う状況で
難易度を上げて クリア出来るまで
なんども 訪れます。

クリアに
必要な鍛練は

体 力か
精神 力か
心 力か

見極めて 計画を立て実行する
必要があります。

どれにせよ、
毎日の食で 成果は違ってきます。

後悔して 悩み 行き詰まる前に

今 まさに 食べているものを
変える時期なのに 気がついてみたら
どうでしょう?

時に 響は スパルタなメッセージを伝えますが

後悔している人には 特にかも
しれません。

後悔するほど、
大事なものに 出会えていることに
目を開き

大事にできなかった 自分の非力さを
知り

クリアできない はがゆさを
鍛えるのに 

必要なのは
強さだと 思うからです。

ちょっと かじっただけ、
ゆるく なんとなく
浅い 関わりでは

得られない 何かを
得るためのメッセージを

受けとるとき
人は 大抵 涙ぐみ

響は 恨まれたりします。

でも 鬼になって
蹴と押すような 気持ちで挑む
お相手こそ

器の大きさに 期待しています。

後悔が 大きければ大きいほど
鍛練は強く長く必要ですが
それに 耐えうる器も 兼ね備えているのが常です。

今から どうしていこうか の時
食べ物のことを
視野に入れていただきたいと思います。