Food Reading® diary

食べものの 不思議な力のお話です

メンテナンス フード

f:id:foodreading:20151216115304j:plain

夕暮れの八坂神社です。
空の色模様が幻想的でした。

こんにちは 
フードリーディングマスターの響です。


いまの時期の メンテナンスフードは
大根です。

おろし大根の酵素ジアスターゼは
乾燥してイガイガした喉を潤してくれます。
昆布と干ししいたけで煮た(たいた)大根は、
身体に水分を補給し
不必要な脂肪や血液のねばりを流してくれます。

精神的な影響としては、怒りを静めます。
うつ、メランコリーな時にも
覚醒作用があります。

22日の冬至まで、夜の一番長い季節です。
自身のもつ暗闇と共生する方法のひとつは
ヌクヌクとした寝具で
ぐっすり 眠るです。

しっけていたり、清潔でなかったりするのは、
いけません。
腎機能が冷えたり、休まらない時期の
寝具まわりの不備は 
生命力の貯金ができず、
いろんな面で 余裕のない状態を
招きます。

不安、お金がまわらない、怯え、怖れ、
疲れはてた、という
感があるかたは寝具まわり、電磁波対策、異性関係(家族含む)、インナーウェア、ご先祖さま、社会的地位、不平等な扱い、住んでいる場所、
嫉妬、怨念、などに
ついての フードリーディングを 
おすすめしています。