Food Reading® diary

食べものの 不思議な力のお話です

ステップ アラウンド ①

f:id:foodreading:20151106091244j:plain

こんばんは
フードリーディングマスターの響です。

今日は 食べ物と 精神的成長の関係性について です。
わたしたちは、生をうけてから、
社会とのかかわりの中で、精神的に成長します。
考え方や、生きる技は 出会うひとによって成熟度が変わります。


フードリーディングでは、
出会うひと、という視点を
出会う食べ物、という視点に置き換えています。
自分で考え、行動し、結果を納得できるところまで出すには
ある程度の、精神的な成熟度が必要です。

 

現代の精神的教育は、家歴、学歴、社会的立場によって

左右されているように見えます。
あきらかな階級差を感じるかたも多いでしょう。

しかしながら、本当の精神的教育は、食にある、とフードリーディングでは考えます。
いつ、何を選び、どのように料理し、どこで誰と食べ、

食べた後がどんな風なのか、なのか、
食にまつわることは、毎日の繰り返しで、そこで人の精神的な育成は為されています。
食べるという行為は、肉体になり、血液になり、脳にまわり考え方に影響を及ぼしています。

 

子供のときからの食育に関しては、不問に付しましょう。
いままでの食生活に変化をもたらしたい、と思ったなら
冷静に、自分の今を観察し、分析し、整理整頓をしましょう。
大人の食育は、自分で行い、なりたい自分になるためのものです。
周囲が用意してくれた環境から、自分の望む環境へシフトする時期が
精神的成長の始まりです。

 

今から、これからすぐ できるのが 食の実践で、自身で進め方も決めることが出来ます。
今、口にしているものの云われ、背景は、そのまま 自身を投影しています。

 

何を投影しているのか、現実の何と呼応しているのか、
問題はなにか、解決法はなにか、実践法は?
食と現実、精神的成長と食の理は、
フードリーディングマスターと 話をすることでより明確に得られます。

 

精神的に成長したい、能力をみつけたい、開花させたい、
頭の回転をよくしたい、結果を出したい、自信を感じたいのではあれば、
食を見直すこと、 それがもっとも有効で確信して進める道であることを
フードリーディングを体験して実践をしている方がよく言われています。

 

今日の食べ物はどんな感じでしたか?
その食べ物が及ぼす影響について、あなたはどれだけ知っていますか?