Food Reading® diary

食べものの 不思議な力のお話です

ステップ① 水について

こんばんは


フードリーディングマスターの 響です。


Step①の水を変える ということについてのお話です。


環境から受けている影響を
わたしたちは無意識に受け取っています。
ことある機会に、膨大に押し寄せてくるそれは、
太陽の光、月の磁力、風、土、水・・・
人間の世界でいえば、ご先祖さま、家族、血族、
社会からは、伝統、常識、概念、通年、暗黙の了解、といった風です。
もし、
変わりたい、と感じているひとがいたら
フードリーディングでは、まず水を変えることをおすすめしています。

水道水は、体に悪影響を与える実際的な成分が含まれているのは事実ですが、
それ以上に、その土地のエネルギーをそのまま
人に伝える食べ物です。
人間の体は約70パーセントが水分です。
自分の意思にかかわらず、住んでいる土地のもつ
意思、というものも入っている食べ物に無頓着なのは
非常に危険なことです。
もし、自分のオリジナリティーと異質のものであった場合
体には不調があらわれます。
水があっていない場合の
もっとも代表的な、心理的不調は
不安 です。
自信がない、もてないという人は
まず、生活にまつわる水全般のとり方を見直してみては
どうでしょうか。
なにも高い浄水器をつける必要はありません。
(長期的視野にたって、体にふれる水を浄水するのは現実的です)
コンビニエンスストアやスーパーマーケットにいって、
ずらりと並ぶ、ミネラルウォーターを試してみましょう。
自分にあった、美味しいなと思う水に出会うころ
あなたの不安も軽減していることに気付くはずです。
日本のことわざに、水にあわない、というものがあります。
なんとなく違和感があって、なじめないという気付きを
見逃さないように、自分の体内の潤いを
ご自身で守る行動をするのが、ステップ①です。